役に立つかもしれない読書の他の記事

【読書メモ】現代語で読む「武士道」の真髄

本日は、奈良本辰氏訳の「葉隠」江戸時代中期(1716年ごろ)に出された書物。肥前国佐賀鍋島藩藩士・山本常朝の武士としての心...

記事を読む

【読書メモ】リーダーの指針 東洋思考 田口佳史

今日読んだのは、田口氏の「東洋思考」 。印象深かい箇所を読書メモ。「グローバル×アジア」の時代を生き抜くリーダーの精神基盤...

記事を読む

【読書メモ】プロ脳の作り方 ポイントまとめ

ビジネスマンの基本の考え方を紹介してくれます。プロフェッショナルとして、論理的思考と経験から導かれる知見をもって「価値」を...

記事を読む

【読書メモ】イシューから始めよ

ここ3年で最も影響を受けたのが安宅氏の本書。印象深かった言葉を備忘禄として記載しておきたい■答えがでることを前提に考えるこ...

記事を読む

【読書メモ】ビジネスインテリジェンス BI革命 メモ

BIとは何なのかをざっくり体系立てて教えてくれる一冊。プロローグでは、営業成績の低下を本部に指摘される主人公が、手作業や、...

記事を読む

【読書メモ】死へのリアルな意識が、生の質への問いに変わる一冊

今日は「死にざま」こそ人生   率直に、明日にでも自分が死ぬのでは、というくらいリアルな死が次々と目の前に迫ってきて、 この限られ...

記事を読む

【読書メモ】リーダーになるとは。リーダーという言葉が自分にとって身近になる1冊

今日紹介するのは、トータルリーダーシップ ウォートン校流「人生を変える教室」。気になったポイントだけメモ。■こころから大事...

記事を読む

【書評】磨き続けた良心は、似た言葉を発する。そして説得力がある。

今回読んだのは、「どう生きる」 坂本光司、青木仁志人生訓が説得力のある言葉で迫ってくる。頑張っている人を応援したい、元気を...

記事を読む

【読書メモ】何度も読みたい。心からの自立を勝ち取るための1冊

自助論」S.スマイルズ重厚な本だった。世界的名著と呼ばれるだけあり、その人生訓の根拠となる例が芸術・文化の領域からビジネス...

記事を読む

【読書メモ】言う前にやってみろと言われがちな時、目の前の事に全力になるのがなぜ必要なのかを教えてくれる一冊

まず大志ありきで始まるのではなく、小志を全うし続けた結果として、大志が抱けるようになるということ。 Boys, be ambit...

記事を読む