Evernoteをappleのメモ帳に完全移行した理由

Evernote、かつて一世を風靡し、ちょっと先進的な働き方をしていることを自認する方々はこぞって「これがないといいアイデアが出てこない感」を出していた気がします。

しかし、僕はこれを先日、appleのメモ帳に置き換えましたが、全く問題がないというか、むしろこちらが全然便利だったので、ブログに書いてみたいと思います。

僕は、通勤中に見るニュースや気になりごとをメモしています。newsアプリで流れてきて、後で読みたい記事をメモ帳に保存したりもしています。 そして、その後読みたいときに検索でサクッとたどり着くことができています。全てappleのメモ帳でです。当然HTMLで画像もセットに保存です。 これまで両方を使っていましたが、ふと”evernoteでなければならない”理由を見失いました。

iCloudでの同期速度が素晴らしすぎる

わずかな差かもしれないが、別のデバイスで同一のアプリを使用した時の、同期の速度、これは劇的にappleメモ帳の方が早い。 同期ボタンとか押さなくても、アプリを立ち上げて数秒後には、さっき電車の中でiPhoneでメモったメモがMacに現れる。この、まるで同じ端末を使っているかのような、appleデバイス間でのシームレスな同期の速度は、圧倒的に便利。

appleのメモ帳は、利用端末制限がない

僕は、iPhone, MacBook, iPadとwindowの会社PC(デスクトップ)などのデバイスを使っている。何か思いついた時に目の前にあるデバイスが変わっている確率は非常に高い。しかし、evernoteはメインで使う2台を指定しなければならないため、何度も「今回はこの端末を使う」設定をやっていた。 劇的に面倒です。 appleのメモ帳なら、数秒後には見れるのに・・・

iPad✖️ApplePencilの手書きメモは質が違う

iPadProはApplePencilが使えるので、気になることを手書きで書いておける。iOSデバイスなので当然これも即同期。  何か形のないものを想像し、整理する時、mindマップを使ったり、キーボードでメモを書き出したりもするのですが、手書きのメモは脳の働く場所が違う。 手を動かし、手書きでメモし想像していく時の広がりがキーボード入力と異なる点は、 よく手書きでメモをされる方は直感的にわかるのではないでしょうか。  iPadでの手書きメモや、勉強用ノートなどをiPhoneで見たり、Macでみたり、印刷したり。

復習という観点でも自分で書いた汚いノートと、綺麗に整理されたテキスト情報だと、なぜか前者の方が書いた内容を思い出すのです。

evernoteは新しいニーズを掘り起こしたが、機能でいうとappleに追いつかれつつあり、同期部分では追い越されている。メモという利用シーンを考えると、特にappleのデバイスが多い人には、appleのメモ帳がオススメです。

ちなみに、evernoteの保存していた、重要なメモたちを移行するのはかなり大変でした・・・

スポンサーリンク

シェアする

フォローする