驚いた・・・このツールで自宅の映画が劇的に進化する

netflix やamazonなど自宅で映画やドラマを見る機会が増え、少しでも自宅の視聴環境を整えたいと、ホームシアターを検討している人もいるのではないでしょうか。

我が家は、ホームシアターを構成する広さもないし、5.1chとかお金ばかりかかるイメージだったので、仮想的に5.1chを実現するホームシアタースピーカーを聴き比べてきました。

以前聴き比べの動画を載せていたのですが、youtubeから権利の指摘があったため削除していますが、違いは一目ならぬ一聴瞭然。 すごいです。

実際に聞かねばわからないと、ヨドバシやらビックカメラの複数店舗を回り、店員さんの話も聞きながら聴き比べました。  SONYさんやONKYOさんのものもいい音ではあるのですが、映画になるともう・・・比較にならない印象でした。 特にSONYさんは正直スピーカーがでかいだけという印象の音しかしなかったです、、、

音をスピーカーに伝える前に、その音情報をどう表現するか計算をCPUが行なっています。 つまり入力された音を出力前によりリアルに聞こえるように独自変換しているのですが、この技術が他のメーカーより突出しているというのです。ヨドバシの音響担当の店員さん云く、音もそもそも違う上に、この計算処理の技術差が大きいとのこと。音が右から左に聞こえてくる感じは本当に複数のスピーカーが周囲にあるような印象があります。

飛行機が向かってくる映像を見ていると本当に近づいているようにちゃんと聞こえます

イヤホンやヘッドフォンで聞くとそれなりにいい音がするのですが、映画をみんなで楽しむのには向いていません。それがこの環境に変えてからは、みんなで入り込めるので、なんだか土曜の夜は「映画を見よう」という日がすごく増えました。これが実は一番のメリットだったかなと密かに満足しています。

この機能は多くのシアタースピーカにありますが、本当に便利です。ペアリングしておけば自動で検知して再生を開始してくれて、我が家の音楽の音クオリティは格段に上がりました。

複数の音源を繋げることができるので、TVもPCもiPhoneもみんないけます。なので普段のニュースも高音質になります。これも地味にいいです。

これだけネットで映画がみまくれる時代、家を映画館のような環境にするのがこんなに手軽にできるようになるとは、、、

[amazonjs asin=”B014CI97PO” locale=”JP” title=”Bose SoundTouch 130 home theater system : ホームシアターシステム SoundTouch 130″]

追記
先日 コストコさんにこの商品が¥118,000で売っていました!買った時より10万円近くやすかった印象です! 

スポンサーリンク

シェアする

フォローする