ヤバイあふれる!トイレが詰まった我が家が700円で解決した方法

トイレが詰まった

うっ うわぁぁぁ〜〜〜! トイレの水が、、、どんどん増えてくる〜〜〜!!
詰まったのか!?   おいおい、、マテマテマテマテマッテェェ・・・・

ごめんなさい 誰か、、、荒ぶる トイレを静めてください、、、

まずは落ち着く

トイレが突然つまり、水面が便器ギリギリまで溜まってきた時って かなり焦っちゃいますよね。我が家も引っ越し3年目にして発生しました。

でも、一旦落ち着いてください。 水洗トイレは一回流すのに供給される水の量は一定なので、新たに水を供給しなければ止まります。詰りであれば勝手に水が供給され続けることはありません。  ここで焦って、繰り返し流すボタンを押したり、レバーを引きまくったりする人がいるようですが、これは水を供給する行為なので厳禁です。
仮に溢れてしまった場合に備えて拭き取るタオルを用意するぐらいにして、一旦自分の動きを止めて深呼吸です。

なんとか止まったところで、汚水が並々溜まった便器を前に考えるのは

1.すぐに直さないとメチャ困る
2.自分で直す?業者に頼む?

はい。 ここで冷蔵庫に貼ってあるマグネット式の 「水のトラブル解決!!こちらに電話!!」を手に取ったあなた。

ちょっと待ってください。 私も実はここに電話をかけたのですが、結果的に思いとど待ってよかったかもしれない というのが今日のお話

ほとんどの詰りはラバーカップでなおる

これは、市の指定業者さんのお話ですが、一般的な家庭で起こるトイレのトラブルは、ほとんどティッシュなど何かが詰まってしまうケースで、
便器を取り外したり、下水管になんか大きな工事を必要とするケースは ほとんどないとこと

水のトラブル解決会社さんの評判

これが、思いとどまった理由なのですが、ネットで検索すると出てくるわ出てくるわ。
24時間対応してくれたり、ちゃんとしてる部分もあるのでしょうが、これだけ書かれているとね、、、

冷静に考えてみると、緊急性が高く、今すぐなんとかしたいという状況なので、たとえ高額でも支払ってもらえる可能性の高いとても巧みな商売だと思いますし、立派に成り立っているビジネスだとは思います。 ただし、我が家が使うかどうかは別問題です

市の指定業者さんが神対応

水道ってインフラですし、ちゃんと市区町村で指定業者さんを持っているんですね。 市のホームページに行って指定業者さんに電話をかけてみました。 そしたら、業者さんが「慌てずに、近所でラバーカップを買ってきて試してみてください。ほとんどそれでなおりますし、もしそれでもダメなら今日中に伺えるように準備しておきますので、対応の結果だけご連絡ください」とのこと 。自分の利益よりもお客様の都合を優先、、、

ドンキで買えた 700円ぐらいの洋式ラバーカップ

普段使わないものがどこで売っているのかって以外にわからないもので、結構探しましたが、結局ドンキに売っていることがわかり、早速購入してきました。
様式用と和式用があるみたいで、小学校の頃、よく友達と遊んでいたあれは和式用で、今の日本だと洋式用が主流のようです。

いざっ 決戦

一応トイレの説明書を引っ張り出してみると、「詰まった時のラバーカップの使い方」ちゃんと書いてあるんですね。 書かれている通りに水を排水し、
新たにラバーカップがかぶさる程度に水を追加し、勢いよく引っ張ります!

ゴボっ ゴボゴボ、、、 鈍い音を立てながら、詰まりは解消されて行きました。、、、、

水もすんなり流れて行きます。  ホッ

その後

先ほどの市の指定業者さんに電話したら、よかったよかったと暖かい言葉をかけてくれました。簡単になおるものはご自分で出来た方がいいですし、専門的な対処が必要でしたら、私たちにお任せくださいという スタンスがヒシヒシと伝わってきます。 プロのお仕事だ、、、(感動)

そして、マジで困った時はこの業者さんに電話しようと心の中で強く思いました

まとめ

・トイレが詰まって水が溢れそうなとき、焦って流すボタンを押しまくったりしないこと
・24時間トラブル対応の業者さんに頼む必要があるか冷静に考えよう
・トイレのトラブルはほとんど紙詰まり。ラバーカップでほとんど直るらしい

最近はコンビニでもトイレを貸してくれるので、半日や1日はなんとかなります。 落ち着いて行動することで、無駄な出費も減らせるかもしれません。
という共有でした

スポンサーリンク

シェアする

フォローする