要注意!WEBビリング たらい回しされてイライラしないために知っておきたい事

WEBビリング

2月、恒例の確定申告のため、ネット利用料金の支払い状況をまとめて確認する必要がありました。

そして、訪れた公式サイト。 なるほど、会員メニューのすぐ下に料金のご確認ページが。分かりやすいぞ!と思ったのはここまで・・・

NTT フレッツ 料金確認

先に進むと「WEB明細を見るには、@ビリングというサービスに加入する必要がある」というとのこと・・・。  今日確認したかったものが、どうやらできない・・・らしい。 最近の明細確認はWEB上で簡単に済むのにな・・・ と思いながら、渋々 @ビリング というweb明細確認サービスの申し込みをすすめました。

使えるようになるまで10日かかるとのこと。 待とう!待つしかない!

@ビリング

そして、約10日後。とどきました。はがきが。

お客様ID パスワードが書いてある。これでようやく料金・内訳明細が確認できる!

そう思いました

そして、打ち込みました ID パスワード

そして 晴れてログイン!

しかし、でて来た画面は・・・

@ビリング画面

請求元がグループ会社の別会社にかわっているため、確認できないとのこと・・・

そして、そのグループ会社のWEB明細確認サービスに申し込む必要があるとの事・・・

なんだこりゃ

追加で新たなサービスに申し込ませて、10日ももったいぶって、はがきを送付後、そのハガキに書いてあるID/PWでログインさせて、 ”ダメなんで、こっち申し込んで” って・・・・

フツフツとタギる憤りの気持ちを抑えつつ案内用URLをコピペして飛びましたが・・・

そこにも画面はありませんでした・・・

とうとう申し込みページは見つかりませんでした。

さすがにブチ切れて、ゴラァ!!と思い電話をかけると

お決まりの「平日9:00−17:00までの対応。おかけ直しくださいとのこと」

ご丁寧な女性の声が逆に不誠実に聞こえてくる・・・

そうこうしながらサイトを彷徨い、ようやく見つけたこの画面。

@ビリング 注意画面

「@ビリングをご利用のお客様へ重要なお知らせ。 平成24年7月より、NTTファイナンス提供のWebビリングを併せてご利用ください」

併せてご利用!?それって両方使えるって意味のはず

使えないのなら、申し込む時に、あなたは請求元が異なるので、こちらのWEB明細サービスにご登録くださいと、ちゃんと使えるサービスの方をご案内してほしい・・・

それに2年近く前から変わってるじゃないか。一時しのぎかとおもったら随分前からこの状況とのこと

大勢の従業員がいて、グループ会社との関係上、どうしても さけられずにこういうUIになったのかもしれない。

でもね、○TTさん、これはちょっと・・・

最後に、ようやく見つけた、web明細確認サービスの申し込み方法は

電話のみ そして 平日9:00−17:00

さて、いつ電話できるかな・・・

4月14日 ようやく電話ができました。ただ、既にウェブの受付が始まったようです。少しは状況が改善して何よりです!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 犬TTにはいつも全く同じ気持ちをもちます。大名商売的なノリがすでに世の中とあっていないと思います。来年には他社に乗り換える予定です。苦々しい気持ちをお察しいたします。

  2. Kohei4 より:

    NTTに電話線人質で、それを良いことに、慇懃無礼・カスタマー無視の訳のわからん集金システム(NTTファイナンス)とサービス実体NTTx日本が、自分達のコストをさげて、客の時間を奪っていくようなWEBを作ってますね。最初から訳がわからんので、まあ、こちらもインターネットマーケティングはNTTより判っているので、さっさと役所日本語を読みながら、電話かけずに、WEBビリングと@ビリングのアカウントを作りました。フリーランスのテクニカルコンサルタント(要は日本での税分類では、個人事業主)をやってるもんで、決算報告に事業用に按分して経費として計上できるので、念の為に、@ビリングの方で、支払証明書だすよとのボタンを見つけたので、12日かに申し込んだのですが、一週間目途にとあるのに2週間経ってもこないので、2通目から有料だがいいやと申し込んだその日に、NTTファイナンスから到着。まあ、これは但し書きにあったので良いやと、連絡しておこうと、それ用の電話番号は、ついた証明書にしかないので、NTTファイナンスに電話。NTT東日本は、地域の電話局しかないようで、きっとラチがあかないだろうと。すると、一度たらいまわしにされて、2回同じ説明をして、こちらは、NTTファイナンスですからととんでもなく役所的。NTT東日本のWEBは受けたまわり番号(これもメチャ長い非実用的なもの)しかなく、これについての問い合わせ先はないからどうしようもないだろうと言ったら、調べてはくれたが、その番号はまだ来てないと。NTT東日本の担当者から電話させますがと言うので、こちらの仕事をインタラプトになるから、この電話で2回目がキャンセルできないならそれで良いからと電話を切りました。役所トークしかできない人間に邪魔される方が、2通目の代金より被害大きいです。仕事で固定電話使う個人を大事にしないとどんどん固定電話キャンセルされるの判ってないのですね。本当に、日本で古くからあるNとJとTで始まる古い体質の会社は退場させるのが景気が上向く方策なのにと思います。アメリカのベルなんかほとんど残ってないのに。。。

  3. わんこ より:

    はじめまして。
    色々検索して、こちらの投稿を見つけました。
    私も同様の被害にあっています。昨年、ペーパーレス化Web明細を申し込んだのです、その後全く書類が届かず。先月、先々月記帳した際、料金が異様に高額になっていることに気づき。問い合わせを試みたのですが・・。再度要求し、やっとクセスできたためオンラインで確認しましたが、画面に表示される金額(含む内訳)と請求実績が全くかみ合わず、昨晩それらの画像ファイルをメールへ添付し、期限付きで3度目の回答を求めました。
    週明け早々には何等かの回答が届くと思いますが、所詮NTT。
    内容は大方想像がつきます。過徴収されている差額を返金する程度でしょう。
    Web明細上では、4,800円程度の表示ですが、引き落とし額は4,400円。
    まだ、マスメディアには公表されていないようですが、時間の問題でしょう。加入者が多いですから。
    やはり、こういった問題は、SNSで公表し、皆様からの苦情で動かすしかないのでしょうね。
    今しばらく続きそうです。
    参考になりました。有難うございました。

  4. わんこ より:

    一部タイプミスがありましたので、訂正です。
    引き落とし額は、(誤)4,400円→(正)5,400円

  5. koizumi より:

    NTTの対応の悪さ、使い勝手の悪さには本当に辟易しています。@リビングに関してもとても嫌な思いをして、無駄な時間を浪費させられましたので、全く同感です。電話線人質というのはその通りと思います。いかに酷い対応しているか NTTになんとか気づかせたいものです。