「握る男」は人の良すぎるビジネスマンにおすすめ

握る男

今日は 原宏一氏の 「握る男」

これは、仕事をそつなくこなしているが、そこそこで、自分らしい尖り方ができず、一歩前に出られないような人おすすめと言える。そんな人材にならないでスタートダッシュを切れるように、新人にもおすすめといえる。。

視点の高い新人はなぜ、早く活躍するのか。 意識の違いが生む「圧倒的な差」がなぜ生まれるのか。一人の人を通して教えてもらえる。成長が止まったなら見直したい。

何のために人と働くのか。その考え方は100者100様。 その一つの形をえげつないほど見せつけてれる。お人好しでいつの間にか、人に時間を取られている僕の様な人は、ハッとする。あんたは使われている側だと。

成功とは何か。仕事の先に見据えた人生のゴール。それぞれに違うのはもちろんだが、ゴールなど持たずにただのんびりと暮らすことを好む人は、アグレッシブなゴールを置いてみたくなる。

そんな物語である。

人間らしい、その生き様と暖かさに 涙する一冊

スポンサーリンク

シェアする

フォローする