AppleWatchを一年使ってわかった5つの事

AppleWatchも3ですね。電話機能でサメから救われたとか、SOS機能で助かったとか変わったところで価値を発揮していますが、普通の人にとって、便利なのか!? という観点で、AppleWatch2を一年間使って分かった事を共有します。

suicaでの改札通過は、スマホや定期入れよりスムーズ!

このAppleWatchでのsuica改札通過には大きな懸念事項がありました。

1.一般的に左腕につけるが、改札のタッチは右側で通過の際に変な体勢になるし、スムーズに通過できない
2.きちんと反応しなかったら、後ろの人にも迷惑だし、恥ずかしい

1については、初期は実際にタッチの瞬間”んっっ”ってなります。んっっっっ!って。
改札に左足から侵入する時がいいのか、右足の時の方がいいのかとか 使っているうちに自然と試していきます。

結果、1年経った今

体が自然と前かがみになり、足が改札に入る前にすでに”ピッ”となる動作が板につき。 立ち止まることなく、するっと通過できるようになっています。 両手に荷物があっても、携帯など取り出すことなくスルッとです。

こんな記事もありましたが、両手がふさがりがちな方にも、これは便利だと1年使ってみて感じます。

Apple Watchは子育ての救世主 デジタルモノが苦手でもメチャクチャ便利
Apple Watchは、実は育児をするママにこそ便利な機能が豊富

2についても、稀にロックがかかった状態で通過しようとして反応しないことがありましたが、一年で立ち止まったことは3回以下。 それだけ通過回数が増えてくると、”反応しなかったらどうしよう”という気持ちは消え失せます

Macのログイン解除機能が心地よすぎる

これは以前にこちらの記事でも触れましたが、Macを日々使うユーザーにとってはこの機能だけでAppleWatchに変えてもいい!断言します。  私は家、自分、会社と3台のmacと向き会うのですが、この時計をしていれば、どのPCも立ち上げた瞬間にロック解除です。

AirPods×AppleWatchがジョギングを未知の体験に

これは、最近AirPodsとAppleWatchの組み合わせで、ジョギングするようになったのですが、これはジョギング、エクササイズに全く新しい体験をくれます。

家の鍵だけをポケットにしまい、そのまま手ぶらで出かけたのに、耳には自然と音楽がなっている感覚。 なんというか何もつけてないのに音がなっている状態が生まれるのです。

あのイヤフォンが首にまとわりつく感じも、無駄に音源を持ち歩く煩わしさも全くない。新しい体験という意味では、iPodやiPhoneに並ぶ感動があります。

財布とキーケースが統合された

AppleWatch suicaが電車・バスだけでなく、コンビニも、会社の自販機もあらゆるところで使えるため、ほとんど財布を使わなくなりました。
なので、思い切って財布をやめて、小銭と数枚のカードとお札が入る鍵入れだけを持ち歩いています。 財布や鍵をつい忘れたり見失ったりしがちな自分には、これによってかなり持ち物がシンプル化しました。MotherHouseさんのページはこちら

http://shop.mother-house.jp/item/MG52590.html

これ地味だけど、結構大きな変化でした。

困ったのは、あえて言えば充電

持ちません。二日は持たないので、毎日充電が必要。そう聞くと”うーん”てなりますが、無線充電なので、家についたら決まったところに置くだけなので、充電の手間は気になりません。

しかし!です。一旦切れてしまうと、その辺のコンビニではAppleWatchの充電器は売っていません。iPhoneやAndroidスマホはいくらでも予備の充電器が調達できますが、AppleWatchはこれがない、、、

さらに 改札の中で切れると、改札から出られなくなり、改札窓口でメモを受け取り、あとで退場記録をつける必要が出てくるためメンドくさいです。

毎日充電すること。そして旅行に充電器を忘れないこと

これだけが困りごとというか、ウィークポイントです。いやデザイン的にダサいのがそもそもマイナス!かもしれません><

今年の冬に買ってみようか迷われてる方に参考になればと

AppleWatch3はSIMが入り、音楽が聴き放題になるのはすごく魅力的ですね。  自分はUQさんなので使えない、、、

スポンサーリンク

シェアする

フォローする