【書評】仕事ができない人は、職場の人に興味をもたない

株式会社KUURAKU の社長 福原氏の執筆する本書について読書メモ

・「ほめる」「感謝する」「笑う」といったことが、めっきり減っていないか?

・みなが自分の仕事に必死で、周りの人を思いやる余裕がないになっていないか?

・出社しても誰も挨拶をせず、淡々と仕事を始めていないあか?

 

完全にこの通りになっている訳ではないが、近しい状況はある。

人が行う仕事は、人のモチベーションに影響を受けるという当たり前の中、もっと働く人の気持ちになってやれる事、意識できる事がたくさんある事を教えてくれる。

まずは 挨拶。小さなコミュニケーションの違いがもたらす大きな結果の違いを意識させられる。

簡単な取り組みで劇的にモチベーションや空気をかえうるノウハウが満載。
大変読みやすく、明日からでも使えそうな話と継続的な努力が必要な話もあり 大変奥深い一冊になっている。

明日からも試したいが、実は徐々に根気強くやれるかどうか、組織を活性化したいと思った人間の力量が問われるともいえそう


スポンサーリンク

シェアする

フォローする