激震!ZOZOSUITがファッション業界もおっさんの未来も変える!

このニュースは触れないわけにいかない、、、ファッションに興味がある人はもちろん、僕のような服に関心を持っていなかったおっさんたちも取り込む全く新しい世界を想像させてくれる。iPhoneの登場を見たかのような未来を感じます。

ということでポチり。すでに23万件以上申請がきてるとのこと

やっぱりここがすごい

1.サイズ不安というnet販売最大のネックを取り除き、体のデータを蓄積し、それを使って商品の開発・販売の拡大

プライベートブランドの立ち上げをこのタイミングでしてるもの含め、この価値はみなさんが主張されているとおりかなと。

2.会員登録+アプリダウンロード+クレジットカード情報の獲得をまとめてできる

スーツの原価はわからないけどリターンでかい・・・。ここバカみたいに金使っても簡単に取れずにみんながもがいている中、zozoさんガッさー!!少なくともニュース一つで世界中にzozoの存在を知ってもらう超ど級のインパクト。

3.配れる体力とここまで実現する企業としての判断

どの程度の原価かはわからないが、これを無料で配る決断ができる企業体力とその挑戦をする企業としての判断。すごい元気をもらった。品質や信頼に老舗企業が揺れる昨今、日本の企業から発信されることが誇らしいし素晴らしい。このプロジェクトを引っ張った現場の人たちにも敬意。

問われるのは、データがどの程度ユーザー体験を進化させるか

とったデータによって、買った人が「これはいい!!」という”人に薦めたくなるほどの感動”を生み出せるか。それがあるかないかがこの取り組みの成長速度を決めそう。

でもすでに服を買いに行くのが苦手な僕のようなおっさんには体験がめちゃ変わりそう

コジャれた音楽と店内で店員に話しかけられるのが苦手で、どの服が似合うか考えるのも自信ないし、もうあの試着室に並んだり、合うものが見つかるまでなんども行き来する苦痛からの解放。もうこれだけで結構”感動”な気がします。

だから、実はこれおっさん向けファッションへのインパクトでかくない?

「服選びが苦手」な僕のような男性はむちゃくちゃいっぱいいる。その僕らのファッションへの敷居を一気に下げてくれる気がしてしまう。なのでもっとおっさんも似合う服も展開してもらえたらと思う。

jinsさんあたりがAppleさんと・・・!?

当然似たスーツの開発に各社しのぎを削ってくるだろうし、前澤社長がいうように”一家に一台”各社のスーツがある世界が来るに違いない。素人考えで、次は靴かもしれないし、メガネかもしれない。服よりもその人の体の形によって似合う似合わないが大きく変わるものには、新しい技術が必要になるのかもしれない。もうすでに、jinsさんあたりがappleさんと会話してたりして、、、

この商品は売り切れなどの理由により表示しておりません - ZOZOTOWN
スポンサーリンク

シェアする

フォローする