【読書メモ】ビジネスインテリジェンス BI革命 メモ

BIとは何なのかをざっくり体系立てて教えてくれる一冊。

プロローグでは、営業成績の低下を本部に指摘される主人公が、手作業や、環境の悪いデータからも事実を導きだし、リストラを免れる結果を導きだす例から始まる。

BI=「企業内外に散在するデータを分析して、経営医師家体に活用するITシステム、取り組み、方法論、管理手法を総称するコンセプト」と位置づけ、そのメリットを3つ「データによる思い込みの排除」「埋もれた知識の発見」「仮説検証の実現」とおいているのが分かりやすい。

備忘録もかねて、中身の目次だけを紹介する

第1章 プロローグ

第2章 ビジネスインテリジェンスの概要

1ビジネスインテリジェンスを支える情報システム

1−1データウェアハウスとデータマート

1−2ETL-プロセスとツール

1−3クロス集計と多次元分析

1−4統計分析とデータマイニング

1−5テキストマイニング

1−6シミュレーション

1−7レポーティングツールとダッシュボード

2データ活用のポイント

3代表的なビジネスインテリジェンス

3−1見える化の実例 グローバル製品コード

3−2隠れた関係性を発見する事例 レセプト・健診データ分析

3−3ビジネスインテリジェンスの累計

第3章

1パフォーマンス管理の現状

1−1企業活動の「見える化」

1−2パフォーマンス管理

1−3パフォーマンス管理のためのBIツール BAM,BPM,CPM,EPM

2パフォーマンス管理の実例

2−1小売りチェーンにおけるCPMとBPM

3パフォーマンス管理のこれから

3−1CPMとBPMの連携

3−2「見える化」から仮説検証基盤へ

第4章 変革をもたらすビジネスインテリジェンス

1変革の領域で適用されるビジネスインテリジェンス

2WHAT-IF型BI

2-1業務改善と業務改革 模様替え?リフォーム?

2−2業務改革の例 経営目標の明確化、新しい業務方式のデザイン。新しい業務フローの定義

2−3業務改革におけるビジネスインテリジェンス

3プロアクティブ型BI

3−1BIを活用した知的サービスの萌芽

3−2プロアクティブ型BIとは

3−3プロアクティブ型BIの仕組み

3−4プロアクティブ型BIを巡る新たな動き

5章 改革をデザインする分析シナリオ

1分析シナリオ累計

2分析シナリオ累計の活用場面

3分析シナリオ類型の活用事例

3−1評価・要因分析型の事例 〜検査機関における検査精度の向上〜

3−2ターゲティング型の事例 〜健保における生活習慣病予備軍の発見〜

3−3予測・制御型の事例 〜コールセンターにおけるシフト・スケジューリング〜

オペレーションズリサーチ

3−4以上検出型の事例

セイバーメトリクス

4 4つのビジネスインテリジェンスと分析シナリオ類型

6章 改革を成功に導く鍵 BI成熟度

1BI成熟度モデル

1−1 成熟度を表す5つのステージ

1−2 成熟度を捉える三つの視点

2成功のポイント

3エクセレントカンパニーとイノベーティブカンパニー

7章エピローグ

Amazon.com

スポンサーリンク

シェアする

フォローする